mitopi はてなブログ版

肩こりのお悩み中心にアラサー女子の興味あることまとめます。

アップルストアのGenius Barに予約して行ってみたけど待ち時間があった

スポンサードリンク

さて、先日より当ブログでは、

20分もすれば電源が落ちてしまうアイフォンの話と、Genius Barに持っていくことに決めた話をしてきましたが、

 

実際に予約して持って行ってみて

 

いろいろとしくじったなぁと思ったことがありましたので、注意・警告の意味をこめてこちらに情報を共有しておきます。

 

平日に行っても待ち時間が発生する可能性がある

Genius Bar(ジーニアスバー)には予約していったのですが意外と待ち時間がありました。

 

私がアップルストアを訪ねたのは平日の夕方なので、まだ会社勤めの人が殺到するような時間でもないのですが、たくさんお客さんがいました。

 

4年前は休日に行ったのですが、そういえばその時は階段にのぼった2FにあるGenius Bar、その階段のかなり下の方まで行列ができていたのを思い出しました。

 

後ほど書きますが、iPhoneを修理に出すことになると、さらに時間がかかります。

 

なので、iPhoneiPadGenius Barに持っていくなら可能なら、平日の早めの時間帯が良いことがわかりました。今後の教訓にします。

Genius Barでバッテリー交換してもらうならiPhone本体購入後2年以内に!

もう、ほんとにこれはショックでした。

iPhone6の購入時にApple Careつけてたし、それより以前持ってたiPhone5使ってた頃はそれで修理代も不要だったから、今回のiPhone6の修理もお金は大丈夫かなぁと甘く見ていたんです。

 

でも、普通に修理代が発生しました。

 

私が持って行ったときには、既にiPhone6の契約後2年以上経過していたためです。

だいぶ不機嫌な感じが店員さんに伝わり申し訳なかったんですけど、

「なんのための、Apple Care…」

という感じで内心途方にくれておりました。

まだ保証期間が過ぎていない時は今よりは充電持っていたので

「まだ、いけるやろ」

 

と楽観視していた自分を責めたいですよ…。契約後2年たったその時点でも、少し充電の減りは早くなりだしてましたから。

と、いうことでこれはApple Careの保証期間にもよるのですが、私のように

 

「2年のApple Careしかつけていなかったよ」

 

という方、iPhoneの使用開始から2年たってしまう直前に不具合がないかチェックしてみてください。

私は失敗しました。諭吉さんまではいきませんでしたが、それぐらいの金額が飛んでいきました。

バッテリー交換時に水漏れが見つかったらiPhoneの本体交換の必要がある

修理に出すときに、マニュアルにあるんだと思うんですけどね、なんかiPhoneの修理時に水漏れ、水没していたら本体交換が必要になって、35000円弱のお金を出して本体を新品に交換する必要があるそうです。

 

店員の方は周りの方全員に言っているようでした。

 

正直、iPhoneを2年以上使っていて、バッテリーが「消耗」していたこともあって、私はそろそろ丸ごと替えられたらなぁ…ってちょっと思ったんで、ダメ元で

 

「バッテリーじゃくって、いっそのこと本体も交換できませんか」

 

って聞いたんですけど、さすがにそれは

 

「理由がないので、できないですね…」

という事で…それは、そうですよね。

バッテリー交換等の修理時には「顔写真付き身分証明書」が必要

私はその時お店に免許証、健康保険証両方持って行ってたんですが、正直、免許証の顔がひどすぎていつも

 

「身分証明書の提示お願いします」といわれたら、

 

「あ、はい」と健康保険書ばかり出していたのですが、

残念ながら、今回は顔写真付き証明書が必要らしいです。

修理に持っていかれる方は、

などをお忘れなく。

バッテリー交換してもらうのに大体2時間程度は時間がかかる

バッテリー交換に申し込んでからも、時間がかかります。

この時注意しないといけないことは、iPhoneが手元から離れてしまう、ということですね。私は時計を他に持っていなかったので、2時間はだいたいの感覚で時間をつぶしていましたが。

iPhoneの修理に出される方は、腕時計なども持っていかれることをオススメします。

 

以上、苦い思い出となったGenius Barの教訓でした。