mitopiの主に肩こり改善ブログ

肩こりのお悩み中心にアラサー女子の興味あることまとめます。

YouTubeで170万回以上再生された肩こり体操をやってみる

スポンサードリンク

f:id:EnjoyFreeApp:20170723065354j:plain

今回から、私が飽きるまでの間、しばらく「肩こり」(&はてなカスタマイズ)

をテーマにブログを更新していきます。

 

私は慢性肩こりで、

初めて肩こりを自覚したのは中学生ぐらいの頃だったんじゃないかと思います。

 

最近、肩こりの疾患をもっている人はどんどん若年化してて、

小学生が整骨院に訪れたりもするぐらいです。

肩こりは若い人から高齢の方、いろんな人が悩んでいる国民病です。

 

最初はなるべくお金をかけない方法で肩こり改善したいと思ったので、

YouTube動画をチェックしてみました。

そこにアップされていた「肩こり体操」

なんとこれまでに170万回以上も再生されている大ヒット動画です。

 

ちょっと関係ないですが、ユーチューバーになりたい人は、ヒカキンさんのように奇抜なことしてもいいですけど、こういうノウハウ系の動画を配信すると強いですね!

 

話を元に戻して、この動画の紹介をします。

 

YouTubeで170万回以上再生された『肩こり体操』って?

動画タイトル: 30秒で効く肩こり体操がスゴいと話題

チャンネル名: YouKuDou

動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=P5_PCcCwZyA

 

この動画へのポジティブなコメント

・すごい

・30秒で8分も肩こり体操をしたように感じる

・受験勉強で肩こりや頭痛があるので、毎日これをしたい

・素晴らしいの一言

・首まわしても、ミシっといわなくなった

・肩の筋肉の血流が良くなった

・めちゃくちゃ楽になった

・頭痛が軽減した

この動画へのネガティブなコメント

・動画時間が8分もある

・30秒じゃなかった

(コメントは上記URLの動画コメントを参考に要点を箇条書きしました)

 

つまり、要約すると、効果あるけど、動画はちょっと長いよってことですね。

動画は少し長いけど、自分でやってみたら30秒でできたというコメントもありますので、まずは覚えてしまうまで動画を見ながら繰り返しやってみるのがよさそうです。

『肩こり体操』の順番とポイント

肩こり体操には3種類の動きがありました。詳しい動きは動画を見るのが一番です。
体操のときのポイントだけまとめました。

1つ目.両手を頭の後ろにあて天井を見上げたり、背中を丸めたり (目と頭を逆に)

 Point 頭を上げるとき、目を下に

 Point ひじを曲げながら頭を下げるとき、目を上に

2つ目.両手を頭の後ろにあて天井を見上げたり、背中を丸めたり (頭を背中を逆に)

 Point 頭を上げるとき、背中を丸める

 Point ひじを曲げながら頭を下げるとき、背中をピンと反らす

3つ目.お尻フリフリ(横の動き)

 Point 左右のお尻を交互にゆっくり持ち上げる

 Point 首を強く引っ張らない

すべての動き共通の注意点

  • 呼吸を止めない
  • ムリをしない
  • 心地よく動く
  • 首を強く引っ張らない

 

YouTubeの『肩こり体操』やってみた感想

私も実際に「肩こり体操」をやってみました。

めっちゃ、いいですよ!
 

動画の最初と最後、体操の前後に

上下を向いて、首をまわして、

と可動域をチェックするシーンがありました。


なので、体操のビフォーアフターの違いがはっきり実感できてよかったです。

 

体操前は、首なんてぜんっぜんまわらなかったのですが、

体操をしてみると、首をまわしたときのツッパリ感が大きく軽減しているのを実感できました。

 

これは、オススメです。