mitopiの主に肩こり改善ブログ

肩こりのお悩み中心にアラサー女子の興味あることまとめます。

筋膜リリース注射の副作用は?

前回の記事で、ほんの1分筋膜注射をしてもらっただけなのに、

肩まわりの可動域が飛躍的に向上している動画について書きました。

mitopi.hatenablog.jp

 

また、こちらの記事では、生理食塩水が注射されている情報を書きました。

mitopi.hatenablog.jp

しかし、ここまで劇的に効果があるものは、その反面

「何か副作用があるのではないか?」

と疑ってしまうものです。

今回はその筋膜リリース注射の副作用について調べました。

先に結論を書きますが、どうやら筋膜リリース注射の副作用は心配するほどのことはなさそうです。 

 

そもそも筋膜リリース注射で使う液体は?

筋膜リリースのために使う注射の正体は、動画の中でもお話が出てきた通り、 生理食塩水や点滴液です。

 

生理食塩水…人の体液とほぼ同じ塩分濃度の塩化ナトリウム水溶液のこと

点滴液…電解質のカリウムとナトリウムを含んだ体液に近い液体

 

注射に使われている水溶液が体液の成分と近いので、筋膜リリース注射の副作用の心配はありません。

 

実際、こちらのページでも麻布ぼだい樹クリニックの久田義也先生が

「人の体液と浸透圧が同じ」

「副作用がほとんどない」

と明言されていますので、心配なさそうです。 

ourage.jp

 

さいごに

 今回は注射を打ってもらうだけで肩まわりの可動域が広がる筋膜リリース注射について、心配な副作用について調べました。

結論的に、体液に近い成分の水溶液を注射するだけなので副作用の心配は必要ないことがわかりました。

筋膜リリース注射を受けられるクリニックは各地に存在し、「筋膜リリース注射+地域名」で検索すると出てくる可能性があります。

ちなみに、大阪にあるクリニックはこちらの記事で私も紹介しています。

しかし現時点では決してクリニックが多くないのと、保険が効かないデメリットもあります。

 

また、このブログでは筋膜リリース注射が受けられる病院やクリニックにはなかなか通えない場所に住んでいたり、興味はあるけど、まずは自分でなんとかしたい!という方のためにこちらの記事で自宅で簡単に使える筋膜リリースグッズについて紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

www.mitopi.work