mitopi はてなブログ版

肩こりのお悩み中心にアラサー女子の興味あることまとめます。

ビタミンCの効果・食材・レシピ|肩こり解消ために積極的にとりたい栄養素④

スポンサードリンク

肩こりのお悩み解消のために積極的にとりたい栄養素として、
前回はビタミンEについて紹介しました。

 

4回目は、肩こりにビタミンCが良いという情報について。

ビタミンCの特徴・効果

ビタミンCは、老化防止として広く知られています。ビタミンCもビタミンE同様、抗酸化作用があり「活性酸素」という細胞を酸化させる力が強い酸素を抑える働きがあります。

また、ビタミンCは肌をなめらかにするコラーゲンの合成を助けるので、
美肌をつくる上で摂取が欠かせません。

 

ビタミンCはストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成にも関わっていて、“抗ストレスビタミン”とも言われています。

また、血行を良くするビタミンEと一緒に摂取することでビタミンEの効果を高める働きがあるため、肩こりのためにもすすんでとりたい栄養素です。

ビタミンCの効果

  • 美肌
  • ストレス軽減
  • 肩こり・頭痛の改善
  • 免疫力効果

が得たい人は積極的にとっていきましょう。

ビタミンCの効果を高めるための調理方法

ビタミンCは水によく溶ける他、熱や光にも弱いです。

なので、なるべく加熱しすぎずに生野菜のまま食べたり、熱を加えるときもさっと茹でたりする程度が望ましいです。


さて、そんなカラダにとって大切なビタミンCですが、どの食材に多く含まれているのでしょうか。

ビタミンCが豊富な食材

ビタミンCが多く含まれている食材を箇条書きしていきます。

パプリカ

赤い色が鮮やかな野菜は抗酸化作用が強いと言われています。

f:id:EnjoyFreeApp:20170826230849j:plain

ブロッコリー

f:id:EnjoyFreeApp:20170826230935j:plain

ピーマン

f:id:EnjoyFreeApp:20170826231000j:plain

じゃがいも

f:id:EnjoyFreeApp:20170826231012j:plain

サツマイモ

f:id:EnjoyFreeApp:20170826231030j:plain


ビタミンCが豊富な食材のレシピ

パッと見て、おいしそうだなぁという基準と
その食材をメインにしたものをなるべく選んでいます(^^)

また、ビタミンCを効果的にとるためになるべく焼いたり炒めたりしないものを選びました。

パプリカを使った人気レシピ

1.チキンとパプリカとワカメの和え物

cookpad.com

ブロッコリーを使った人気レシピ

2.ブロッコリーのマスタードサラダ

cookpad.com

ピーマンを使った人気レシピ

3.ピーマン3個で簡単ツナ和え

cookpad.com

じゃがいもを使った人気レシピ

4.じゃがいものポン酢照り焼き

cookpad.com

サツマイモを使った人気レシピ

4.さつまいもの蜂蜜塩バター煮

cookpad.com

さいごに

ビタミンCは私たちにとって、もっとも身近なビタミンCで様々な食べ物に含まれています。

美肌やストレスに効く以外にも、免疫力を高めるため風邪予防や傷の修復のためにも積極的にとりたい栄養素です。

 

ただ、加熱する時は、加熱してビタミンCのせっかくの効能が薄れてしまわないように気を付けたいところです。

 

以上から、肩こりのためには、ビタミンCをビタミンEやビタミンAを豊富に含んでいる野菜と一緒に生野菜サラダにして食べると効果的に摂取できるので、参考にしてみてください。 

【参考・参照】牧野直子監修「世界一やさしい!栄養素図鑑」